2017年04月04日

鶴瓶の家族に乾杯@水戸

4月3日(月)放送の『鶴瓶の家族に乾杯』は、水戸が舞台でした。
ゲストはセクシー部長@サラリーマンNEO こと、沢村一樹。

ロケは2月15日だったみたいで、噂で「家族に乾杯が水戸に来た。」と、だいぶ前から聞いていましたが、詳細は放送を見るまではわかりませんでした。

で、放送を見て思ったことですが、家族に乾杯はぶっつけ本番の旅とのことですが、スタッフによりある程度の下調べはしてあるなと感じました。
だって、待ち合わせ場所が、裡1丁目公園って・・・・。
通称シルク公園ですが、地元の小学生や近所の人くらいしか行かない公園です。

番組の趣旨を考えると、待ち合わせに下市を選んだのは正解だと思いますが、その公園に伊勢屋のおかみさんが犬の散歩に来てたなんて、仕込んだ?と思うほど出来すぎです。
伊勢屋といえば、過去に何度もテレビの取材を受けてる店ですし、そのあとに行った天狗納豆も、これまた何度もテレビに出てる店です。

ちなみに伊勢屋は、メインは団子ですが、ラーメンも有名で、私もたまに食べに行きます
この団子やでラーメンという組み合わせは、水戸では珍しいことではなく、他にもこのような店は市内に数店あります。

あと、伊勢屋から少し歩いたところには、渡辺裕之の実家のカメラ屋さんもあり、彼は水戸に戻ってくると、実家に帰る前に伊勢屋に先に顔を出すほどだとか。



その後、鶴瓶が弘道館に行ったけれども中に入らなかったのは、ついこの前ブラタモリでタモリが中を紹介したからかな?

その後の水戸一高のくだりは、個人的に余計だった気もします。

訛りなら大洗に行った方がよいと、何人もの水戸市民が言っていましたが、私をはじめ、水戸市民でも十分訛ってますから。(笑)

今回は水戸市内でも地元の下市を中心に回っていたし、登場した方々の中にも知っている人が沢山いたので、ことさら楽しく見ることができました。
ちなみに鶴瓶が行った場所は、直線でわずか3〜4qくらいの範囲です。

放送を見て思い出しましたが、このロケの日にカットバンクの前を通ったとき、見慣れない緑ナンバーのシルバーのワンボックスが止まっていて、その車が葬儀社の車に見えて、不謹慎にも「カットバンクで誰か亡くなった?」なんて思ったっけ。w
あの時店内でロケをしていたんですね。

再放送は4月7日(金)午前0時10分からです。
(木曜日の深夜ってことね。)


posted by あるふぁ at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 水戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
途中から見ましたが、訛りなら那珂湊(特に平磯とか)の方が強いと両親はいてました。大洗の訛りはまだぬるいとか(笑)

伊勢屋とかは見れなかったので、再放送を見なければ(他にも何処かに動画がアップされてるかな?)
Posted by げいち at 2017年04月06日 23:45
昔大子に行ったときに、駐車場のおじさんが何を話しているのかわからなかったことがあります。
茨城県民でもわからない茨城弁って・・・。w

再放送みました?
Posted by あるふぁ at 2017年04月07日 16:19
山奥とか漁師とかは訛りが強いイメージが有りますね。
私も標準語は喋りますがイントネーション的になまっているみたいで、東京とかで指摘されました(爆)

見事に落としてしまったので、動画サイトでイリーガルな動画で見ようと思います(笑)
Posted by げいち at 2017年04月07日 16:47
見逃しましたか。
残念。
NHKはYouTubeにアップされてもすぐに消されちゃうから、難しいかもしれませんね。
録画してあるので、うちに見に来ますか?w

茨城弁の肝はイントネーションですよね。
雨と飴や橋や箸なんて同じですもんね。w
Posted by あるふぁ at 2017年04月10日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448724990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック