2016年02月29日

テントファクトリー メタルクーラー スチールボックス レッド が届きました。

さすがアマゾンです。
注文から2日後には届きました。

早速詳しく見てみましょう。

最も心配していたことですが、ネットショップの写真はどれも朱色っぽく写っていますが、実物はどうでしょう。

実物は朱色というより、深みのある赤で、とてもいい色でした。
tm-sc001.jpg
テントファクトリーさん、宣材の写真でかなり損してますよ。

フタにはテントファクトリーのマークがエンボス加工されています。



tm-sc003.jpg

ふたを開けると、直角まで開いたところで止まります。
tm-sc002.jpg
風の強い日などは、不意に閉まってしまう危険性もありますね。
というか、それはどのクーラーボックスでも言える事か。。

深さは2Lのペットボトルを立てて入れても余裕があります。
tm-sc004.jpg
これだけ余裕があれば、ペットボトルの下に保冷材を入れても大丈夫。
さすがにイグルーマックスコールド62QTに比べると浅いですが、この大きさならば3〜4人家族の2泊3日のキャンプの食材は入りそうです。

ちなみにイグルーマックスコールド62Qはこんな感じ。
tm-sc007.jpg
写真のコーラは1.5Lです。

コールマンのパーティスタッカージャグ レッドとの色の相性もバッチリ。
tm-sc005.jpg

イグルーマックスコールド62QTと重ねてみるとこんな感じ。
tm-sc006.jpg
写真で見ると大きさは変わらないように見えますが、奥行きで3〜4cm、幅も3〜4cm違います。
もちろんテントファクトリーのほうが小さいです。
しかもスクエアな形のため、車に積んでもスペースをかなり節約できそう。

大満足な買い物でした。

コールマンのスチールベルトはちょっと高くて手が出ないけど、スタイリッシュなクーラーボックスが欲しい方は、TENT FACTORY(テントファクトリー) メタルクーラー スチールボックス レッド 税込15,120 円も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

ただし注意点が2つほどあります。
保冷能力的にはイグルーのマックスコールドのほうが上らしいので、デザインよりも保冷能力命と言う方は、イグルーを買ったほうが良いと思います。
私も春と秋の、ストーブなどを積むために荷物の増える時期はテントファクトリーを使い、真夏の荷物を減らせる時期はイグルーを持っていくというように、使い分けしようと思います。

2つ目の注意点ですが、間違ってもコールマンのステッカーは貼っちゃだめです。
それを貼っちゃうと「ホントはスチールベルトが欲しかったけど高くて買えないから、テントファクトリーで我慢している。」風に見えちゃうこと間違いなしです。
実際その通りであっても、そこは「実質的に同じ内容のものなのに、ブランド名だけに倍の値段は出せないから、あえてテントファクトリーを選んだ。」という、名前より実を取った、賢い消費者のフリを貫きましょう。
トヨタ車にレクサスのエンブレムは恥ずかしいでしょ?
それと同じです。

この2点だけ納得できれば、テントファクトリーのメタルクーラーボックスはお勧めできると思います。






posted by あるふぁ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドアグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。