2012年08月24日

小豚そば@ひたちなか大盛軒(ひたちなか市高場)

20時過ぎに東海村まで行く用事があったので、帰りにラーメンを食べてから戻ることにしました。
候補は東海駅前の家系ラーメン店 椿家か、ひたちなかの二郎系の大盛軒です。
仕事中ということもありニンニクは控えなければならないのですが、あのボソボソとした太麺を久しぶりに食べたくなり、椿家はスルーして大盛軒に決定です。
店の前の道路反対側の駐車場に車を止めて店の前に行くと、ちょうど待ち客の男性2名が店内に入ったところで、私の前には2名の女性が待っていました。
女性の後に並ぶと、「1名分なら席空いてますよ。」とご親切に順番を譲っていただき、仕事中でやや急いでいるということもあって、ありがたくお言葉に甘えて先に店に入らせていただきました。
券売機で小豚そば@680円の食券を買って、ちょうど空いていた給水機の隣の席に座りました。
この店でも水を大量に飲む私は、給水機の隣がベストポジションです。
注文から8分ほどで「小豚そばのお客様。」とトッピングを聞かれたので、「ネギとニンニク少な目」でお願いしました。
やはりニンニクは外せません。
出てきたのはこちら。
0823oomori01.jpg
いつもは脂も頼むのですが、今日は自重しておきました。


豚は崩しタイプでホロホロしていて美味。
野菜は98%がモヤシでキャベツはほんの少し。
少なめでお願いしたニンニクは思ったよりも多めに乗ってきたので、ティッシュに半分くらい避難させてからいただきました。
まずは底から麺を引っ張り出してひと口。
0823oomori02.jpg
二郎系独特の低加水のボソッとした歯ごたえの麺ですが、私はこの麺を食べたくて大盛軒に行くようなものです。
今日はやや塩分控えめでしたが、このくらいの方が食べやすいですね。
もっとしょっぱいのが好きな人は、卓上にあるタレを自分で追加すればOK。
今日は初めて魚粉@20円を試してみました。
店員さんに口頭で魚粉を頼んで、代金は現金をカウンターの上に置きます。
出てきた魚粉を全部ラーメンの上にかけてみました。
0823oomori03.jpg
味は当たり前ですが、プラス魚粉味。
いつもとは少しだけ違った小豚そばを味わいました。
固形物は全て平らげ、スープはまったく飲まずにご馳走様でした。
私に順番を譲ってくれた女性が、注文の際に野菜増しを頼んでいましたが、私ももうちょっと野菜を食べたいなと思ったので、次回は野菜増しでお願いしてみようかなと思います。


posted by あるふぁ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288110387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック